HOME雑誌レジデント > レジデント20年2月号
レジデント2月号
AB判112頁
価格:本体¥2,273+税10%
ISBNコード:978-4-287-81124-5
全ページカラー印刷
特集日常診療でよくみる皮膚疾患の診断と治療
企画編集/佐藤伸一
画像をクリックするとサンプルをご覧いただけます
目次[PDF 特集[PDF 連載[PDF 連載[PDF
 近年,各診療科の専門化が進むなか,診療の現場においてはさまざまな診療科の知識を必要とすることも多い.とくに,皮膚については患者自身が皮疹をみることができるため,レジデントにとっても診察中に皮膚の異常について相談を受けることも多いと思われる.この際,ある程度適切に対応できれば,医師と患者との信頼関係は一層強まるであろう.このような観点から,皮膚科の知識をある程度もっておくことはレジデントにとっても重要である.
 しかし,皮膚の異常についての訴えを解決する以外にも,皮膚科の知識が診断上有用な場合もしばしばある.たとえば,スウィート病は高熱とともに皮疹をきたす疾患であるが,皮疹がわずかしか現れない場合には不明熱と処理されていることもある.しかし,不明熱の原因検索時に,スウィート病も念頭におき,皮疹を探し出せばその診断は容易である.
 このように皮膚科の基本的知識はさまざまな臨床の現場で役立つものと考える.したがって,レジデントにとって,皮膚科診療の知識のエッセンスをできるだけ短時間で身につけられるような企画が求められている.本特集はこのような観点に立って,レジデントが,必要とされる皮膚科の知識をできるだけ短時間で身につけられるように工夫して編集した.つまり,レジデントがおさえておくべき,日常診療でよく遭遇する皮膚疾患について,最低限これだけは知っておいてほしいものをリストアップした.
 炎症性皮膚疾患として,アトピー性皮膚炎,湿疹・皮膚炎群,乾癬,蕁麻疹を取り上げた.これらの疾患で日常よく遭遇する炎症性皮膚疾患の多くをカバーできると思われる.薬疹については,重症薬疹の診断についても触れた.スティーブンス・ジョンソン症候群や中毒性表皮壊死症などの重症薬疹の頻度は多くはないもののレジデントも診察する機会があり,かつ正しく診断する必要があるためである.その他,感染症として,単純性疱疹,帯状疱疹,尋常性疣贅などの皮膚ウイルス感染症,白癬,カンジダ症などの皮膚真菌感染症,伝染性膿痂疹,丹毒,蜂窩織炎などの皮膚細菌性感染症についても取り上げ,皮膚感染症について一通り重要な知識が得られるようにした.皮膚細菌感染症については,頻度は少ないものの,緊急手術が必要となり,レジデントであっても見落としてはならない壊死性筋膜炎にも言及した.その他,老人性疣贅,日光角化症,ボーエン病などの腫瘍性疾患や尋常性ざ瘡,円形脱毛症も取り上げ,日常診療でよくみる皮膚疾患については,かなりの部分を網羅しえたと考えている.
 本特集が日常診療の場で,お役に立てば幸いである.
佐藤伸一
(東京大学医学部 皮膚科 教授)
特集日常診療でよくみる皮膚疾患の診断と治療
基礎編
1. アトピー性皮膚炎/菅谷 誠
2. 湿疹,皮膚炎/管 析
3. 乾癬/簗場広一
4. 蕁麻疹/鎌田昌洋
5. 薬疹/吉崎 歩
6. 老人性疣贅,日光角化症,ボーエン病/門野岳史
7. 尋常性痤瘡,酒皶/山﨑研志
8. 円形脱毛症/大山 学
9. 単純疱疹,帯状疱疹/渡辺大輔
10. 尋常性疣贅,青年性扁平疣贅/住田隼一
11. 白癬とカンジダ症/常深祐一郎
12. 伝染性膿痂疹,丹毒,蜂窩織炎,壊死性筋膜炎/岩田洋平

連載
◆患者さんとの接し方
 ・第119話 声をかけたドクター−医師が患者家族になったとき……星野達夫