HOME看護セミナー > ギモン解決!褥瘡が治るしくみ、治らない理由 〜教科書では学べない,実践に強くなるための集中講義〜
大阪 6/24(土)
 本セミナーは褥瘡管理に関して実践に強くなることを第一に考えています。臨床現場で日々遭遇する様々な問題・疑問を,教科書を読み返すことなく,その場で評価・考察し答えを導き出すために必要な基本的なものの考え方と応用力を身につけます。
 第1講では褥瘡の創傷治癒を学びます。荷重部に生じるキズの創傷治癒は非荷重部のものとは大きく異なりますが,それは決して理解が難しいものではありません。教科書にはあまり詳しく書かれていない創傷治癒の基本原理を理解することで,逆にキズを見ただけで褥瘡を取り巻く環境に存在する問題がわかるようになります。難しそうな話ですが,これらを文字ではなくイラスト・写真を駆使して誰にでもわかるように解説します。
 第2/3講では慢性創傷治療の基本であるTIMEの実践とドレッシングの使い方に関し学びます。TIMEの実践に際してはまず評価すべき病態,優先すべき治療があり,これを怠ると患者が不利益を被る場合もあります。"T"や"I"に関して,保存的療法を学ぶとともに,外科的デブリードマンを行うべき症例を外科系医師に依頼するためのコツも伝授します。創傷管理における"I"は"M"と密接な関係を持ちます。滲出液がどのように産生され,その量が何によって影響を受けるか,湿潤度の変化がキズとドレッシングにどのような環境をもたらすのか,わかりやすく解説します。議論の多いクリティカルコロナイゼーションに関しては,臨床的評価に関するアイデアとその対処法をイラストでわかりやすく解説します。また,"E"の評価法と問題を解決するためのドレッシングの選択法を学びます。
 第4/5講では高齢化の進行,生活様式の欧米化,寝たきりをつくらないための介護などの影響で増えている,長時間の座位により生じる褥瘡(座りきり褥瘡)に関し,その背景,危険因子,治療,予防的スキンケアを独自のデータで解説します。褥瘡予防ができ,介護も楽になるオムツの使い方も覚えましょう。足の褥瘡はその多くが下肢の血流不全により生じています。今後患者数の著しい増加が見込まれ対応が急務ですが,単純にTIMEを実践してはいけない病態が多々あります。最低限覚えておくべきこと,治療の考え方に関し,明日から実践すべきことを中心に解説します。
 最後の第6講ではドラッカーのマネジメントをベースに褥瘡を取り巻く環境のマネジメントを学びます。褥瘡チームがうまく機能していない,患者が言うことを聞かない,全然治癒が進まないなど,実はこれらはマネジメントの問題であることが少なくありません。治療に携わるスタッフ,患者,家族など全員が楽しく,苦しまずに褥瘡管理を行うために覚えておくべきこと,実践すべきことをマネジメントの観点から学びます。


小浦場祥夫 先生
さっぽろキズケア・アンチエイジング研究所 所長
日本形成外科学会専門医
日本褥瘡学会評議員
【講師からのメッセージ】
 セミナーには相性があります。
 統計学的なエビデンスに基づいた話,ガイドラインを詳しく解説してくれる話,教科書的な基本をしっかり教えてくれる話,あるいは何にでも効く簡単な治療法を知りたい。そういうセミナーを受講されたい方には,残念ながら今回のセミナーはあまりオススメしません。教科書をじっくり読んでください。
 臨床経験がある方で,ガイドラインがたいして役に立たず困っている,わからないことがあっても教科書をみても答えが載っていない,もっと実践に強くなりたい,チーム力を上げたい,あるいはまだ臨床経験は少ないけど一気に褥瘡のスペシャリストになりたい,とにかく文字が多いスライドが嫌いで写真がたくさん見られるセミナーを受講したい方,そんな方々には今回のセミナーは特にお勧めです(^^)
 もうひとつ,注意事項があります。
 今回のセミナーを受講するときっと驚くほど臨床に強くなることでしょう。しかしそのために教科書的な勉強しかしていない方達とのディスカッションで理解してもらえない可能性があります。ぜひわかり合える仲間…普段褥瘡を語り合っている褥瘡対策チーム,地域の仲間,学校の同級生などと参加して,楽しんでください!

【大阪会場】
会 場:大阪私学会館 (JR東西線 大阪城北詰駅より徒歩2分)
日 時:2017年 6月24日(土)
※セミナー内容は変更となる場合がございます。予めご了承ください。
【本セミナーの目標】
褥瘡の病態を理解し,キズから状況把握ができるようになる
ドレッシングの意味を理解し,キズの管理に強くなる
増加傾向にある特殊な褥瘡に対する理解を深める
褥瘡対策チームや家族など患者を取り巻く環境のマネジメントができる


9:30〜16:30
褥瘡の創傷治癒を知る
・キズはどうやって治るのか
・肉芽組織を理解する
・創傷治癒に外力がおよぼす影響
TIMEの実践
・TIMEの実践の前にまず評価すべきこと
・デブリードマンを有効に行うためのポイント
・感染と滲出液の深い関係
・創縁の評価
ドレッシングをきわめる
・ドレッシング材の基本構造を知る
・デブリードマンに有効なドレッシング
・感染予防に有効な創傷管理
・滲出液を適切な湿潤環境に保つためのテクニック
・創縁の保護に有用なドレッシング
"座りきり"褥瘡に強くなる
・座りきり褥瘡の危険因子
・予防のためのスキンケア,オムツの使い方
・素早く治すための治療法
足の褥瘡を理解する
・重症下肢虚血を理解する ・血流評価の方法 ・医療機器関連圧迫創傷(MDRPU)に注意 ・血流の悪い褥瘡をどう管理するか
治療環境のマネジメント
・臨床で役立つ,ドラッカーのマネジメント ・事例紹介
※上記内容・進行予定は,変更する場合があります。
WOCNursing
14年9月号
WOCNursing
14年10月号
WOCNursing
15年4月号
WOCNursing
15年6月号
WOCNursing
15年7月号
WOCNursing
16年2月号
WOCNursing
16年3月号