HOME雑誌WOC Nursing > WOC Nursing 16年6月号
WOC Nursing 16年6月号
A4変型判
価格:本体2,000円+税
ISBNコード:978-4-287-73033-1
全ページカラー印刷
特集ストーマ術後合併症と治療
企画編集/杉田 昭(横浜市立市民病院 炎症性腸疾患センター センター長)
画像をクリックするとサンプルをご覧いただけます
目次[PDF 特集[PDF 特集[PDF 特集[PDF
 本邦では近年,大腸がん,炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎,クローン病を主とする)が増加しており,症例の蓄積と医療技術の進歩によって従来に比べて最終的に自然肛門の温存が可能な症例が増加しています。しかし,疾患の増加に伴い,病変部位や疾患の進行,変化によって,一時的,永久人工肛門(ストーマ)が必要な症例も増加し,また造設後のストーマ管理の向上もあってストーマを造設する症例は増加していると考えられます。
 ストーマ造設はそれ自体,患者さんの生活の質(QOL)に大きな影響があり,ストーマの術後合併症の併発によって社会生活に種々の制限が生じます。そこで今回はストーマを造設する患者さんのQOLを良好に保つために,「ストーマ術後合併症と治療」を特集することとしました。
 今回の特集ではストーマをそれぞれの特性により小腸ストーマと結腸ストーマに大別し,また疾患を炎症性腸疾患と大腸がんをはじめとするそれ以外の疾患に分ける構成としました。具体的には術後合併症を起こさないストーマの作り方,続いてストーマ術後合併症と治療の実際を外科医,WOCナースの立場から述べていただきました。
 今回の執筆者の先生,WOCナースの皆さんは,この分野では専門家としてよく知られており,多くの写真と図表を使用してストーマ術後合併症と治療について,ご自身のデータ,経験を交えて理論的に,かつわかりやすく述べていただいていると思います。読者の皆さんの日常診療に十分,役立つ内容と思いますのでご活用いただければ執筆者一同,幸いと存じます。
杉田 昭
横浜市立市民病院 炎症性腸疾患センター センター長
1章

2章
3章

4章
5章

6章
7章

8章

9章

術後合併症を起こさないストーマの作り方(単孔式,双孔式)(1)結腸ストーマ
/池 秀之,長谷川誠司,福島忠男,楢崎まどか,大林亜由美
術後合併症を起こさないストーマの作り方(単孔式,双孔式)(2)小腸ストーマ/内野 基
ストーマ術後合併症と治療(炎症性腸疾患以外)(1)結腸ストーマ
/板橋道朗,小川真平,末永きよみ,花田正子
ストーマ術後合併症と治療(炎症性腸疾患以外)(2)小腸ストーマ/高橋賢一
ストーマ術後合併症と治療(炎症性腸疾患)(1)結腸ストーマ
−クローン病結腸ストーマについて−/東 大二郎,園田みずき,大村久美子
ストーマ術後合併症と治療(炎症性腸疾患)(2)小腸ストーマ/黒木博介
ストーマ術後合併症と処置−WOCの観点から−(1)早期合併症(炎症性腸疾患以外の疾患)
/松原康美
ストーマ術後合併症と処置−WOCの観点から−(2)晩期合併症(炎症性腸疾患以外の疾患)
−ストーマ晩期合併症の管理とケア−/籾山こずえ
ストーマ術後合併症と処置−WOCの観点から−(3)炎症性腸疾患
−炎症性腸疾患患者のストーマ術後合併症と管理−/齋藤忠明