HOME雑誌WOC Nursing > WOC Nursing 17年6月号
WOC Nursing 17年6月号
A4変型判
価格:本体2,000円+税
ISBNコード:978-4-287-73045-4
全ページカラー印刷
特集保存版 まるわかり 褥瘡に係わる医療制度・保険制度
企画編集・執筆/高水 勝(スリーエムジャパン株式会社 ヘルスケアカンパニー 企画推進部 マネジャー,公益社団法人日本医業経営コンサルタント協会 認定登録医業経営コンサルタント,一般社団法人日本医療機器テクノロジー協会 創傷被覆材部会 部会長)
画像をクリックするとサンプルをご覧いただけます
目次[PDF 特集[PDF 特集[PDF 特集[PDF
 団塊の世代が後期高齢者になる2025年問題については,いまさら説明する必要もないと思います。その2025年に向けて大きな医療・介護改革が起こるのが2018年になります。「診療報酬改定」「介護報酬改定」のW改定を軸に,「第7次医療計画」「第7期介護保険事業計画」,そして何といっても病院機能が再編される「地域医療構想」の本格化も加わり,まさに医療・介護改革の惑星直列と呼べるのが2018年です。
 本特集では,激変の2018年に向けて,今おさえておくべきことを整理してみました。現在の各種制度をしっかりと理解することで,2018年の制度改正・改定においても,あわてることなく変更点や新設項目を確認することなどでスムースに対応ができると思います。
 本特集で意識したのは,「単語の整理」「制度の解説」「実践の目線」の3点です。
 ここ数年,学会,中核病院,大学,認定看護師研修校,業界団体など,多方面からのご依頼で,「チーム医療」「医療再編」「医療機器産業」などをテーマに,年間に50〜100回の講演や講義をさせていただいております。その経験から強く実感したのは,各職域で日常使われている単語の意味や制度の理解が,バラバラであることでした。端的にいえば,「日本語としては会話が成立していても,お互いの知識や意図は正確に伝わっていない,理解したつもりで誤解している」ということが,頻繁に起こっているということです。
 地域包括ケアシステムを推進するためのポイントは,各職域が,他の職域・領域の「単語」「制度」「実践」を正しく理解することで,強いネットワークを形成することだと思います。
 本特集では,複雑な制度を理解するための「保存版」として活用できるように,現在の診療報酬の解説だけではなく,「単語の整理」「制度の解説」関連情報の整理を意識して編集しました。
 そのため,本特集では通常の編集とは異なり,各項目の本文の解説部分は私の責任において実運用を意識して私がすべて書き,実際の医療現場でご活躍されている第一人者の先生方からは,「実践の目線」からのポイントを「匠の目」として執筆していただきました。
 とっつきにくいといわれる,医療制度,保険制度についてご理解を進めていただき,制度に振り回されることなく,主体的な活用によって,よりよい褥瘡対策に結びつけていただければ大変うれしく思います。
 最後に,一企業人である私に,このような特集企画の機会を与えていただいた編集部ならびに「匠の目」を執筆いただきました医師,WOCNの先生方に心より感謝申しあげます。
高水 勝
スリーエムジャパン株式会社 ヘルスケアカンパニー 企画推進部 マネジャー
公益社団法人日本医業経営コンサルタント協会 認定登録医業経営コンサルタント
一般社団法人日本医療機器テクノロジー協会 創傷被覆材部会 部会長
1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
8.
9.
10.
11.
12.
13.
医療制度・保険制度に係わる単語の整理
医療事故報告での「褥瘡」の扱い/匠の目:前田司子
入院基本料/匠の目:戸北正和
褥瘡ハイリスク患者ケア加算/匠の目:黒木ひとみ
療養病棟,ケアミックス/匠の目:串田真紀
退院調整(退院前訪問指導,退院時共同指導,退院後訪問指導など)/匠の目:栁井幸恵
在宅関連(訪問診療・往診,在宅患者訪問褥瘡管理指導料)/匠の目:中村義徳
訪問看護(訪問看護管理療養費,WOCNの同行訪問)/匠の目:後藤茂美
医療機器・材料−1 創傷被覆材/匠の目:鈴木愛美
医療機器・材料−2 局所陰圧閉鎖療法/匠の目:中川宏治
医療機器・材料−3 患者自己負担の運用,衛生材料,スキンケア製品/匠の目:伊藤奈央
研修・委員会/匠の目:山本由利子
介護報酬(介護保険制度)での「褥瘡」の扱い
〔お知らせ〕
日本コンチネンス協会初級セミナー(首都圏及び北海道)のお知らせ
第49回 東京ストーマ・リハビリテーション研究会のお知らせ
第47回 日本創傷治癒学会(同時開催:第12回瘢痕・ケロイド治療研究会)のお知らせ
看護・WOCセミナーのご案内